2017/03/30

春の窯焚き

IMG_6854.jpg

こんにちは。
この間、春の窯焚きが終わりました。

ここ最近どうも窯焚きがスムーズに行かず困っていたんですが今回はとても調子良かったです。

DSC02064.jpg 
これは窯出しの様子です。


DSC02081.jpg
こんな感じです。
焼き上がりも良かったです。


DSC02086.jpg

以前は窯焚きの様子なんかもいっぱい写真に撮ってたんですが最近は慣れちゃってほとんど撮ってません。


DSC02088.jpg

これは佐々木くんです。
少しにやけていますね。

4/15,16の砥部焼まつりに出店するのでよろしくお願いします。

そのあとゴールデンウイークにはウメノ青興陶園のもぐらの窯ブースをキレイにリニューアルします!


スポンサーサイト
2017/02/03

新居浜 もぐらの窯展

IMG_6778.jpg

こんにちは。
2/4から17まで新居浜でもぐらの窯展があります。
よろしくお願いします。

http://less.co.jp/
↑ここです。

そのあと18、19は松山のパナソニック住宅ショールームみたいなところでイベントがあります。
そちらもよろしくお願いします!
2016/12/30

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その9 剥がした壁で燻製機

R0012393.jpg

さて、これはボロい鳥かごではありません。

R0012394.jpg

剥がした壁板のマシなところで作った燻製機です。

R0012395.jpg

温度計も完備。

R0012401.jpg 

後はこんな整理箱も作りましたよ。
最初汚かったけど、洗えば結構綺麗になりました。

R0012409.jpg 

今日は燻製機が使えるかどうかやってみることにします。

R0012410.jpg

なんでこうなった?ってくらい汚い電熱器ですがまだ使えます。
昔焼き物のロウ引き用で使ってたものです。

R0012411.jpg

まずは小手調べで練り物系から。おでんにしてもらう予定です。
おあげさんが意外とおすすめです。味噌汁に入れると香ばしい味噌汁になりますよ!

R0012415.jpg

そしてメインのベーコンと塩鯖です。
これは絶対にうまい!

しかしこの後悲劇が起きます。
燻製中僕は自分の部屋でのんびりしてたんですが、何やら異変を感じ燻製機を見てみると、大炎上!!

文字通り大炎上でした。マジで燃えてました。危うく大火事になるところでしたよ。

バシャーとバケツで水を何杯もかけて鎮火できたのでよかったですがめちゃくちゃ焦りました。
だから写真も全然撮ってません。

豚と鯖の脂が電熱器に落ちて燃えちゃったんですね。
大失敗です。

さらに追い打ちをかけるように燻製チップだと思っていたチップが、母親が染物に使う染料だったという事実を知りました。
なんだよそれー。

そして黒こげになってさらに汚くなった電熱器はそれでもまだ使えるというタフさ。
焼けた燻製機も補修して、ちゃんとした桜チップも買ってきてなんとか燻製を終わらせました。


RIMG0031.jpg

アクシデントで食材全部ダメにしたと思いましたがなんとかまだ食べられそうです。

RIMG0032.jpg 

表面は黒こげですが中はまだピンク。
ちゃんとしたベーコンです。よかったー。
味も美味しい!!

RIMG0033.jpg

この塩鯖は見た目最悪ですが味は最高です。
見た目は本当に最悪ですが、、。

燻製、、美味しいのでおすすめですが火の管理にはくれぐれもご注意ください。


2016/12/29

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その8 壁を塗る

R0012379.jpg

こんにちは!
後は壁を白く塗れば外側は完成です。

それでは塗っていきましょう。


R0012398.jpg 

ホースとたわしでゴシゴシと壁を洗いました。
かなり汚れてて黒い水が流れるほどでした。

綺麗になった。この上から塗っていきます。


R0012400.jpg

一度塗りしたところ。
この後天気が悪くなって数日このまま放置状態でした。

R0012448.jpg

はい、雨が止んだので2度塗り。

これでとりあえずのところ外観は完成です。
もう一度上からペンキを塗ればもっと綺麗になるとは思いますが、ボロ小屋にはこれくらいが似合うでしょう。
ムラが残ってる感じも僕は嫌いじゃありません。

R0012449.jpg

中も完成した後に看板とか、ランプとかで装飾するつもりです。
今は真っ白で少し侘しい感じですが最終的にはもうちょっといい感じになる予定です。

R0012443.jpg

ここには本当は溝があるんですが
落とした土壁の残骸で埋まっちゃってます。

R0012451.jpg 

はい、綺麗にしました。
ここにちゃんと雨水が流れるようにしとかないとまた柱が腐っちゃいますからね。

扉の前にはなんらかのステップを作ってそれらしくする予定。

R0012452.jpg 

軽トラが邪魔ですが引いてみたところです。
冬なんで空気がどんよりしてますね。

この小屋にはもう少しカラっと晴れた天気の方が似合いますね。

R0012454.jpg 

後はこのごちゃごちゃの中もなんとかしなきゃ。
これからが本番って感じです。

ひと段落したのでリフォーム作業しばらく休みますが来年中にはなんとかしたいですね。

R0012455.jpg

天井を落として、壁と床を張り替えて、、、大変そうです。

R0012456.jpg

それでは。。

焼き物も作らなきゃな、、、。



2016/12/26

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その7 窓をつけて壁を張る

こんにちは。
こちらは登り窯のブログですがなぜか池本窯のリフォーム状況の報告が続いています。

R0012327.jpg 

前回苦労して窓を外してこんな状態です。
ブログだとすぐですが、実際にはのんびりコツコツと仕事を進めています。

雨が降るとやらなかったりするので、2週間くらいこんな吹きっさらし状態でした。

R0012326.jpg 

さすがにこんな状態で長々と放置するのはよくないのでとりあえず壁を埋める努力をします。
一番安い杉板をミルキーホワイトで塗っていきます。

R0012329.jpg

乾いたら壁の寸法に合わせて切ります。

R0012330.jpg 

バンバン張り付けていきます。
とりあえずできることからどんどん進めていきましょう。

R0012331.jpg

材木がなくなったのでさらに買ってきました。
これでとりあえず外側の壁の分は足りるでしょう。

R0012338.jpg

こないだ塗った窓もはめ込んでこんな感じになりました。
なんとなく出来上がりのイメージが見えてきました。

R0012334.jpg

次は大きい窓です。
もともとガラス9枚分の窓を6枚分に小さくして使います。

R0012335.jpg 

綺麗に塗って

R0012340.jpg

よし、つけるぞ。

R0012341.jpg 

腐っていた横柱の所には適当な木材がなかったのでツーバイフォーの柱を買ってきました。
SPF材は味気ないので薄くオイルステインを塗っています。

R0012342.jpg 

またギリギリとジャッキで突っ張らないとこの窓ははまりません。

R0012344.jpg

この大きな窓ははめ殺しにしちゃいました。

R0012373.jpg 

こっちの窓はガラス6枚分にぶった切って開くようにしました。

R0012374.jpg

空いている壁を埋めて、、よしこれで壁は全部埋まりました。
一安心。。。

R0012375.jpg

開くタイプの窓にはこんな感じの金具をつけて止めます。風が吹いても大丈夫そうです。

R0012379.jpg

全部の窓にすりガラスをはめ込みました。
一箇所割れちゃったところはアクリルで応急処置をしてますが、一番右の窓9枚のガラスを6枚にしたので、すりガラスが3枚余るんです。
それを切れば割れちゃったところに回せますね。
まあでもガラス切るのが面倒なのでとりあえずこのままにしときます。

R0012377.jpg

僕は透明のガラスの方が好みですが、夜電球の明かりがほんのりと光るすりガラスも雰囲気がありますね。

R0012381.jpg

よく見ると各所こんな感じで隙間が空いてしまってます。
でも僕の技術がポンコツなのと柱や窓枠自体が歪んじゃってるので仕方ないんですよね。

こういった隙間は最終段階でなんとかするとして今は見なかったことにしておきましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。