2016/12/15

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その4 壁をさらに壊す

こんにちは池本窯の大リフォームの続きです。

前回壁を途中まで壊して腐った柱を補強しました。
今回はさらに壁を壊していきます。

R0012276.jpg

この上側の土壁も落とします。

R0012293.jpg

この右側の土は残せるかなあと思って半分だけ落としました。
これ、実はかなり苦労しました。中の骨組みを切るのがとても大変なんです。
荒々しくするとせっかく残そうと思ってる土が落ちちゃうし。

でもなんとかやり遂げましたよ。

R0012285.jpg

ドアの下側になる横木をつけていきます。

R0012288.jpg

ちゃんとドアが開くようにたかさを計ります。
最近のiPhoneって水平器がついてるんですよ。

R0012290.jpg

こんな感じで。便利ですねー。

R0012286.jpg

気を接合する板。
買うと高いので鉄板を切って穴を開けて作りました。

こんなんで大丈夫かな?と少し心配になりますが、まあ大丈夫でしょう。

R0012291.jpg

よしできた。
上の木が大体ドアの幅です。

R0012292.jpg

こんな感じになるわけです。

R0012293.jpg

さて、残せると思って苦労して残したこの部分の土ですが、寸法が5ミリ合いません。
さらに5ミリ削り取るのはとっても大変なので全部落としちゃいます。

R0012294.jpg

はい、すっきり。
苦労したんだけどなー。仕方ありません。

R0012297.jpg

ドアの枠になる柱を立てます。

R0012300.jpg

横木をつけるための溝を掘ったり、

R0012301.jpg

こういった金具をつけたり。
慣れないノミを使って作業します。

しかもこの辺の作業は寸法が少しでも狂うとダメなので僕は苦手です。

R0012299.jpg

ガシャーン!!
ああ!

割っちゃったー!
立てかけた柱が倒れてよりによってドアのガラスに直撃!
貴重なガラスが割れてしましました。予備がないんだよなー。どうしよう。

R0012296.jpg

まあガラスのことは置いといて作業を進めます。
この突っ張り棒本当に役に立ってなさそうですよね。

R0012303.jpg

なんとかはまりました。

R0012302.jpg

上はガッチリ止めました。

じゃあ次はドアをつけていきます。
あーガラスどうしよう。

2016/12/12

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その3 壁を壊す

R0012219.jpg

こんにちは。
池本窯の倉庫を自分でリフォームしています。

本格的に寒くならないうちになんとか外観だけでもひと段落させたいところです。

前回、道路側につけるドアを作りました。
次はそのドアをつけるための穴を開けていきます。

R0012243.jpg

この窓の左側のところをドアにしたいので壁を壊さなければいけません。
でもこの壁、多分土壁なんですよね。ちょっと苦労しそうです。

R0012244.jpg

ちょっと壁の板をひっぺがしてみました。やっぱり土壁、、、

というか柱が腐ってるじゃん!!
大丈夫なの?

R0012245.jpg

窓の上もやっぱり土壁です。

R0012247.jpg

これ、真ん中の柱が思いっきり腐ってますけど、、、、。
触るとボロボロと崩れる程です。
これはちょっとめんどくさいですねー。

小屋全体がぐらぐらしてるとか崩れそうな感じはないんですけど、、
真ん中の柱って大事なんじゃないですかね。。。

R0012249.jpg

とりあえず崩す予定のところ、板を全部ひっぺがしました。

R0012251.jpg

まだ使えそうな板は暇なときにまた再利用します。

R0012252.jpg

内側はこのようにクソダサいベニア板が張られています。
全部剥がしましょう。

R0012253.jpg

よく見るとなんか水の流れた跡があります。
柱が腐った原因はこれかな?
あとシロアリか。。。

R0012254.jpg

この板は全部捨てですね。

R0012256.jpg

いよいよ土壁を壊していきます。
母親曰く、この小屋はうちの父親の手作りらしいですよ。
すごいですよね。
この土壁も一生懸命塗ったんでしょうね。。。。
でも僕は容赦しません。

R0012257.jpg

どーんと蹴り飛ばして。崩しました。
以外と簡単です。

R0012258.jpg

綺麗に崩れてくれました。
この土、処理がめんどくさそうです。

R0012259.jpg

とりあえず腐ってる柱と横木をなんとかしないと。。。

いろいろと試行錯誤してどうやって補強するかなんとなく自分の中でプランを立てました。
こういった大工仕事は完全に素人なので行き当たりばったりです。

チェーンソーで腐ってるところを切り落としていきます。

R0012261.jpg

ここから先はなんとか大丈夫そうですね。
多分、四隅の柱はしっかりしてたんで崩れなかったんですね。四隅の柱がやられてたら全体がぐらぐらきてたんだと思います。

R0012260.jpg

こんな状態でしたよ。あーあ。
こわいこわい

R0012263.jpg

そして真ん中のはしら。
切って崩れてきたらこわいのでジャッキで突っ張り棒。

役に立ってるのかわからいけど気休めです。

R0012264.jpg

まだ腐ってなさそうなところとの境目に印をつけてチェーンソーで切っちゃいます。

R0012266.jpg

真ん中の柱は宙ぶらりん状態。
突っ張り棒は役に立ってるのかな?

R0012267.jpg

もぐらの窯のところにストックしてあった廃材を切って使いましょう。

R0012268.jpg

よし。ぴったりはまりました。

R0012273.jpg

しっかりしてそうな板でガッチリ固定します。これで一安心。
しかしこの金属の板、意外と高いんですよね。300円くらいしました。

長くなったんで今回はこれで終わり。
また次回に続きます。

2016/12/02

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その2 ドアを作る

R0012219.jpg

こんにちは。
さて、ここまで進んだ倉庫の大リフォームですがこのリフォームの大きな目的は『道側に扉をつける』ということです。

今回はその扉を作っていきます!

R0012205.jpg
このもともと付いていた窓を利用してドアを作る計画です。
2つあるのでもう一つはまた窓として使います。

R0012206.jpg
こんなパーツはもう再利用不可ですね。

R0012211.jpg
引き戸だったのでこんな溝があります。
ホームセンターで買った棒で埋めていきます。

R0012212.jpg
こんな感じです。それでも埋まらなかったところはパテで埋めます。

R0012213.jpg
反対側もこのようにしました。

R0012216.jpg
このように必要そうなパーツは買い揃えてあります。

R0012218.jpg
ドアノブをはめ込むための穴をノミで開けていきます。
僕にとってこの工程が一番の難関だと思っています。
池本窯にはいろんな道具が揃っているのでノミも当然あるだろうと思っていたのですが、なかなか見つからないのでホームセンターで安いセットを買ってきました。

R0012221.jpg
なんとか開けられました。
ノミなんかほとんど使ったことないけどやればできるもんです。

R0012222.jpg
こんな風に取り付けるわけですね。
うん、いい感じです。

R0012223.jpg
一番の難関を乗り越えたのであとはかんたん!
扉の下半分を作っていきます。

安い杉板を切って貼り付けていきます。
寸法を間違わないように。

R0012225.jpg
全貌が見えてきました。このようになるわけです。
それでは色を塗っていきます。

R0012227.jpg
色は白にしました。
茶色にしようか、ライムグリーンにしようかと迷いましたがとりあえず白にしとけば失敗がないと思ったので白です。

壁と同じ色なのでペンキの節約にもなります。ペンキが結構高いんですよね。

R0012230.jpg
上も塗って上下合体!

R0012234.jpg
一度杉板を剥がして内側から接合するんですけどペンキに持って行かれていたがちょっと割れちゃいました。
ペンキがボンドみたいに固まってたんですね。あーあ。

最後の仕上げでもう一度塗れば目立たなくなるでしょう。

R0012235.jpg
こうやって内側から止めていきます。
安い杉板の悪そうなところを内側にしているのでボロボロに見えますね。

R0012237.jpg
よーし。完成が見えてきました。
上下の接合が甘いので頼りない感じですが蝶番で柱と固定するので大丈夫だと判断しました。

R0012239.jpg
ドアノブをつけてガラスをはめ込めば完成です。

R0012242.jpg
ジャーン!やったー完成です。
本当は透明なガラスがいいんですけどすりガラスしかないので仕方ありません。

R0012241.jpg
ちゃんと鍵も閉まります。

僕は真鍮が大好きなので真鍮のドアノブを探してたんですが見つからなくてこれにしました。
妥協してこれにしたわけですが、つけてみるとなかなかいい感じです。
銀色なんですけどほんのり茶色がかっていていいです。これにしてよかった。

R0012238.jpg

木が割れちゃったところ、やっぱり目立ちますが最後に白で塗ればごまかせるでしょう。

R0012243.jpg

続いて
この辺りにドアを作るので壁をぶち壊さなければなりません。
この壁、実は土壁が入っているらしいので結構な大仕事になりそうです!



2016/11/16

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その1

こんにちは。
秋の窯焚きとか砥部焼まつりとかが終わって落ち着いたのでうちの倉庫をDIYでリフォームしていきます!

本来なら窯焚きとか砥部焼まつりの様子をブログで書かなきゃいけないんですがなんとなくバタバタしててかけませんでした。
なのでかわりに池本窯リフォームの様子を書いていきます。

IMG_5902.jpg

これが問題の倉庫です。ボロボロです。
トタンの波板が錆びたり穴があいたりしてよりボロい印象を際立たせています。
錆びた波板はうまく使えばカッコよくなると思いますが、これはもはやそういった次元ではありません。

そしてこの倉庫は道からも見えますし、うちに来た人は絶対に目にする入り口のところにあるのです。
池本窯の顔と言ってもいい場所です。
この池本窯の顔をステキにリフォームして池本窯の印象をよくすることで売り上げも向上させようという計画です。

IMG_5904.jpg

ちなみに中の様子はこんな感じ。
最悪ですね。
床は一部腐っていたので数年前に全部落としました。
天井の板もボロボロと落ちてきています。
床も壁も綺麗に貼り直してギャラリーとして生まれ変わらせたいんですが、どうなるでしょう。

IMG_6498.jpg

とりあえずボロボロの波板を外して杉板に貼りかえます。

IMG_6502.jpg

以外と簡単に外せました。
天井裏ってネズミとか死んでそうで見るのがちょっと怖いです。

IMG_6503.jpg

汚いけどネズミはいなさそうです。
うちはのら猫が多いからな。

IMG_6499.jpg

なんとなく測りながら形に合わせて杉板をのこぎりで切っていきます。
この杉板はホームセンターで一番安いやつです。
軽トラの荷台は作業台にもなるのでとっても便利!

IMG_6485.jpg

一応自分にしか分からない設計図も書いています。

IMG_6501.jpg

軽く紙ヤスリでみがいてペンキで色を塗っていきます。
この壁は全部白く塗る予定です。

R0012219.jpg

もぐらの窯の山小屋に転がっていた窓も貼り付けて、こんな感じになりました。
まあまあいい感じ?
ところどころ雑ですが素人なので仕方ありません。

次はこの面に扉をつけて出入り口を作るのでその扉を作っていきます!
2016/03/09

池本窯の庭改造計画その4

R0011218.jpg
さくらんぼの蕾が膨らんできました。

うちの庭改造計画はようやくひと段落しました。

IMG_5081.jpg
秋の段階ではこんなに汚かった庭。
あらためて見ると本当にごちゃごちゃしてますね。


R0011220.jpg
はい、こんなにスッキリしました。
いやー広い。

ちょっとビフォーアフターを見ていきましょう。


IMG_5082.jpg
ここはこの写真の状態ですでにある程度木の枝を伐採してるのでそれ以前はもっとすごいジャングル状態でした。
それが、、、、

R0011222.jpg
スッキリ。
ちょっと寂しいくらいですね。
スモモとザクロを植えています。春になると新緑が出てくるのでもっと明るい雰囲気になると思います。
ザクロは実もなるしね。


IMG_5085.jpg
伸び放題の竹やぶは、、、


R0011224.jpg
ちゃんと囲いをして黒竹に植え替えました。

IMG_5083.jpg
一番変わったのはここでしょう。
小高い丘みたいになってましたが、、、

R0011229.jpg
平らにして花壇を作りました。
苦労したーーー。

花壇は今鉢植えを置いててごちゃごちゃですが綺麗に何か植えれば雰囲気変わるでしょう。

R0011233.jpg
車3台置いてもまだもう一台いけます。
やったーー。

R0011237.jpg
いけすに雨水を貯めて水やりなんかに使えるようにしました。

木の箱は蜂箱です。2年くらい置いてるんですが全然入りません。

R0011253.jpg
今年は本気を出してキンリョウヘンという蘭を買いました。
これの花の匂いにニホンミツバチが引き寄せられるそうです。

ニホンミツバチの蜜蝋も用意してあるので今年は万全の体制。楽しみです。

ハチミツが家でとれたら最高ですよね。

R0011235.jpg
このひょろっとした木はヤマブドウの木です。
実を楽しみにしてるんですがまだ花もつきません。

でも去年の夏かなりツルが伸びたんですよ。6、7メートルはあるんじゃないでしょうか。
だから今年は実がなるだろうと期待しています。

IMG_5508.jpg
こんなに長かった。

R0011236.jpg
このツルを家の屋根に這わせました。
ここからブドウの実が吊り下がってたらとってもファンシーな家になると思って。
楽しみです。

R0011231.jpg
さて何ヶ月もかけて庭の改造はなんとかひと段落しましたが、次はこの小屋をなんとかしたいところです。

R0011232.jpg
こういうところがボロい印象をさらに強くします。
今は物置として使ってますがなんとか焼き物の展示室として改造できないかな、と思案しています。

道に面してるので、ここが小綺麗な展示室になればお客さんも入りやすいんじゃないかと思ってます。
まあ、今年中になんとかできればいいなあ。

R0011220.jpg
と、いうことでうちの庭がこんなに広くなりました、というお話でした。