--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/24

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その6 窓を塗る

こんにちは。
前回無事にドアの設置が終わりました。
次は窓を綺麗な白に塗ってつけていきます。

R0012313.jpg 

まずはガラスを全部外します。

R0012314.jpg 

あとはドアを作る時にやったように処理をしてペンキで塗ります。

R0012315.jpg

一応2度塗りしますが3度塗りはしません。
ペンキも高いので、、、。

2度塗りで残ったムラは「味」と呼びます。

R0012318.jpg 

ペンキを乾かしている間に右側の大きな窓のことも考えなければいけません。

R0012316.jpg 

実はこの窓の下側の木が最悪の状態なんですよね。

R0012317.jpg 

なんか壊れかかってるし、、、

しかもこの窓、全然動かないんですよね1ミリもスライドしません。
外すだけでも厄介そうです。

R0012319.jpg 

とりあえず割れると嫌なのでガラスだけ外しました。

R0012320.jpg 

全然ビクともしないので結局窓枠についたまま分解してなんとか取りはずせました。
折れてはいないので再利用できそうです。

R0012321.jpg 

あー腐ってますねー。

R0012322.jpg 

さて、最後の窓ですがこちらはさらに硬く本当にビクともしません。
要するに上の横柱が長年かけて歪んだりたわんだりして窓が上から押し付けられているような状態みたいです。

ジャッキと棒を駆使してなんとか上の横柱を押し上げます。ジャッキの下面は腐った柱なのでバランスとるのに苦労します。

R0012324.jpg 

ジャッキの効果ありで、苦闘の末になんとか外すことができました。ふー

R0012323.jpg 

こっちの窓も無事で再利用できます。
だけどこれを元通りのところにはめ込んだとしてもの横柱は歪んだまま。
本来のスライド式の窓に戻すことはできません。
横柱の歪みを修正するにはこっちの壁も壊して柱を入れ替えるとか大掛かりな作業になりそうです。

うーーん、、

いろいろ考えた結果、スライド式の窓は諦めて、はめ殺しの窓と蝶番で開くタイプの窓に作り変えることにします。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。