--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/26

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その7 窓をつけて壁を張る

こんにちは。
こちらは登り窯のブログですがなぜか池本窯のリフォーム状況の報告が続いています。

R0012327.jpg 

前回苦労して窓を外してこんな状態です。
ブログだとすぐですが、実際にはのんびりコツコツと仕事を進めています。

雨が降るとやらなかったりするので、2週間くらいこんな吹きっさらし状態でした。

R0012326.jpg 

さすがにこんな状態で長々と放置するのはよくないのでとりあえず壁を埋める努力をします。
一番安い杉板をミルキーホワイトで塗っていきます。

R0012329.jpg

乾いたら壁の寸法に合わせて切ります。

R0012330.jpg 

バンバン張り付けていきます。
とりあえずできることからどんどん進めていきましょう。

R0012331.jpg

材木がなくなったのでさらに買ってきました。
これでとりあえず外側の壁の分は足りるでしょう。

R0012338.jpg

こないだ塗った窓もはめ込んでこんな感じになりました。
なんとなく出来上がりのイメージが見えてきました。

R0012334.jpg

次は大きい窓です。
もともとガラス9枚分の窓を6枚分に小さくして使います。

R0012335.jpg 

綺麗に塗って

R0012340.jpg

よし、つけるぞ。

R0012341.jpg 

腐っていた横柱の所には適当な木材がなかったのでツーバイフォーの柱を買ってきました。
SPF材は味気ないので薄くオイルステインを塗っています。

R0012342.jpg 

またギリギリとジャッキで突っ張らないとこの窓ははまりません。

R0012344.jpg

この大きな窓ははめ殺しにしちゃいました。

R0012373.jpg 

こっちの窓はガラス6枚分にぶった切って開くようにしました。

R0012374.jpg

空いている壁を埋めて、、よしこれで壁は全部埋まりました。
一安心。。。

R0012375.jpg

開くタイプの窓にはこんな感じの金具をつけて止めます。風が吹いても大丈夫そうです。

R0012379.jpg

全部の窓にすりガラスをはめ込みました。
一箇所割れちゃったところはアクリルで応急処置をしてますが、一番右の窓9枚のガラスを6枚にしたので、すりガラスが3枚余るんです。
それを切れば割れちゃったところに回せますね。
まあでもガラス切るのが面倒なのでとりあえずこのままにしときます。

R0012377.jpg

僕は透明のガラスの方が好みですが、夜電球の明かりがほんのりと光るすりガラスも雰囲気がありますね。

R0012381.jpg

よく見ると各所こんな感じで隙間が空いてしまってます。
でも僕の技術がポンコツなのと柱や窓枠自体が歪んじゃってるので仕方ないんですよね。

こういった隙間は最終段階でなんとかするとして今は見なかったことにしておきましょう。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。