--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/23

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その5 ドアをつける

こんにちは。
このようなDIYリフォームの詳細なレポートをいったい誰に向かって書いているのかわかりませんが一応続けます。

R0012303.jpg

ドアの上になる横棒をつけ終わったのでいよいよ作ったドアをはめ込んでいきます。

R0012304.jpg 

蝶番はこれです。
フラッシュ蝶番っていうらしいです。
まとめて安く買いました。

R0012305.jpg 

よし、ぴったりはまりましたね!
まあまあの重量があるので一人でつけるのにかなり苦労しました。

でもなんとかなりました。
割れちゃった左下のガラスをどうにかしなければ。

R0012306.jpg 

とりあえずもうひとつの窓のガラスを拝借しましょう。
この窓も塗り直して使う予定です。

R0012307.jpg 

よし、ドア完成!
ちゃんと開け閉めもできました。
かなり貧弱な感じなので簡単に蹴り破れそうですが、まあここに住むわけではないのでよしとしましょう。

R0012308.jpg 

この割れたところどうにかしなきゃなあ、、、
とりあえず応急でアクリルの板を買ってくることにしました。

R0012310.jpg 

はい、買ってきました。
なんか思ったよりも高かったのでケチって1ミリ厚のものにしました。
ペラペラです。

R0012311.jpg

同じサイズに切り取ります。
薄いのでカットは非常に楽です。
かなりペラペラなので2ミリ厚にしとけばよかったと後悔しています。このペラペラでは本当に応急処置としてしか使えそうにありません。
2ミリ厚ならガラスの代わりとして使えると思います。

R0012312.jpg

ああ、悪くないですね。
やっぱすりガラスじゃなくて透明がいいなあ。
一瞬全部アクリルにしようかとも思いましたが2ミリ厚なら、これ1枚1000円くらいなのでこの窓だけで6000円。
ドアとか他のガラスも代えようと思ったら結構な額になってしまうのでやめときましょう。
ボロ小屋に使えるお金は限られています。

はい、ということで無事にドアがつきました。
この小屋の外装リフォームで一番大きな工事だったので、あとはスムーズにいけばいいんですが。

次は他の窓を塗っていきます。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。