2016/12/29

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その8 壁を塗る

R0012379.jpg

こんにちは!
後は壁を白く塗れば外側は完成です。

それでは塗っていきましょう。


R0012398.jpg 

ホースとたわしでゴシゴシと壁を洗いました。
かなり汚れてて黒い水が流れるほどでした。

綺麗になった。この上から塗っていきます。


R0012400.jpg

一度塗りしたところ。
この後天気が悪くなって数日このまま放置状態でした。

R0012448.jpg

はい、雨が止んだので2度塗り。

これでとりあえずのところ外観は完成です。
もう一度上からペンキを塗ればもっと綺麗になるとは思いますが、ボロ小屋にはこれくらいが似合うでしょう。
ムラが残ってる感じも僕は嫌いじゃありません。

R0012449.jpg

中も完成した後に看板とか、ランプとかで装飾するつもりです。
今は真っ白で少し侘しい感じですが最終的にはもうちょっといい感じになる予定です。

R0012443.jpg

ここには本当は溝があるんですが
落とした土壁の残骸で埋まっちゃってます。

R0012451.jpg 

はい、綺麗にしました。
ここにちゃんと雨水が流れるようにしとかないとまた柱が腐っちゃいますからね。

扉の前にはなんらかのステップを作ってそれらしくする予定。

R0012452.jpg 

軽トラが邪魔ですが引いてみたところです。
冬なんで空気がどんよりしてますね。

この小屋にはもう少しカラっと晴れた天気の方が似合いますね。

R0012454.jpg 

後はこのごちゃごちゃの中もなんとかしなきゃ。
これからが本番って感じです。

ひと段落したのでリフォーム作業しばらく休みますが来年中にはなんとかしたいですね。

R0012455.jpg

天井を落として、壁と床を張り替えて、、、大変そうです。

R0012456.jpg

それでは。。

焼き物も作らなきゃな、、、。



2016/12/26

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その7 窓をつけて壁を張る

こんにちは。
こちらは登り窯のブログですがなぜか池本窯のリフォーム状況の報告が続いています。

R0012327.jpg 

前回苦労して窓を外してこんな状態です。
ブログだとすぐですが、実際にはのんびりコツコツと仕事を進めています。

雨が降るとやらなかったりするので、2週間くらいこんな吹きっさらし状態でした。

R0012326.jpg 

さすがにこんな状態で長々と放置するのはよくないのでとりあえず壁を埋める努力をします。
一番安い杉板をミルキーホワイトで塗っていきます。

R0012329.jpg

乾いたら壁の寸法に合わせて切ります。

R0012330.jpg 

バンバン張り付けていきます。
とりあえずできることからどんどん進めていきましょう。

R0012331.jpg

材木がなくなったのでさらに買ってきました。
これでとりあえず外側の壁の分は足りるでしょう。

R0012338.jpg

こないだ塗った窓もはめ込んでこんな感じになりました。
なんとなく出来上がりのイメージが見えてきました。

R0012334.jpg

次は大きい窓です。
もともとガラス9枚分の窓を6枚分に小さくして使います。

R0012335.jpg 

綺麗に塗って

R0012340.jpg

よし、つけるぞ。

R0012341.jpg 

腐っていた横柱の所には適当な木材がなかったのでツーバイフォーの柱を買ってきました。
SPF材は味気ないので薄くオイルステインを塗っています。

R0012342.jpg 

またギリギリとジャッキで突っ張らないとこの窓ははまりません。

R0012344.jpg

この大きな窓ははめ殺しにしちゃいました。

R0012373.jpg 

こっちの窓はガラス6枚分にぶった切って開くようにしました。

R0012374.jpg

空いている壁を埋めて、、よしこれで壁は全部埋まりました。
一安心。。。

R0012375.jpg

開くタイプの窓にはこんな感じの金具をつけて止めます。風が吹いても大丈夫そうです。

R0012379.jpg

全部の窓にすりガラスをはめ込みました。
一箇所割れちゃったところはアクリルで応急処置をしてますが、一番右の窓9枚のガラスを6枚にしたので、すりガラスが3枚余るんです。
それを切れば割れちゃったところに回せますね。
まあでもガラス切るのが面倒なのでとりあえずこのままにしときます。

R0012377.jpg

僕は透明のガラスの方が好みですが、夜電球の明かりがほんのりと光るすりガラスも雰囲気がありますね。

R0012381.jpg

よく見ると各所こんな感じで隙間が空いてしまってます。
でも僕の技術がポンコツなのと柱や窓枠自体が歪んじゃってるので仕方ないんですよね。

こういった隙間は最終段階でなんとかするとして今は見なかったことにしておきましょう。



2016/12/24

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その6 窓を塗る

こんにちは。
前回無事にドアの設置が終わりました。
次は窓を綺麗な白に塗ってつけていきます。

R0012313.jpg 

まずはガラスを全部外します。

R0012314.jpg 

あとはドアを作る時にやったように処理をしてペンキで塗ります。

R0012315.jpg

一応2度塗りしますが3度塗りはしません。
ペンキも高いので、、、。

2度塗りで残ったムラは「味」と呼びます。

R0012318.jpg 

ペンキを乾かしている間に右側の大きな窓のことも考えなければいけません。

R0012316.jpg 

実はこの窓の下側の木が最悪の状態なんですよね。

R0012317.jpg 

なんか壊れかかってるし、、、

しかもこの窓、全然動かないんですよね1ミリもスライドしません。
外すだけでも厄介そうです。

R0012319.jpg 

とりあえず割れると嫌なのでガラスだけ外しました。

R0012320.jpg 

全然ビクともしないので結局窓枠についたまま分解してなんとか取りはずせました。
折れてはいないので再利用できそうです。

R0012321.jpg 

あー腐ってますねー。

R0012322.jpg 

さて、最後の窓ですがこちらはさらに硬く本当にビクともしません。
要するに上の横柱が長年かけて歪んだりたわんだりして窓が上から押し付けられているような状態みたいです。

ジャッキと棒を駆使してなんとか上の横柱を押し上げます。ジャッキの下面は腐った柱なのでバランスとるのに苦労します。

R0012324.jpg 

ジャッキの効果ありで、苦闘の末になんとか外すことができました。ふー

R0012323.jpg 

こっちの窓も無事で再利用できます。
だけどこれを元通りのところにはめ込んだとしてもの横柱は歪んだまま。
本来のスライド式の窓に戻すことはできません。
横柱の歪みを修正するにはこっちの壁も壊して柱を入れ替えるとか大掛かりな作業になりそうです。

うーーん、、

いろいろ考えた結果、スライド式の窓は諦めて、はめ殺しの窓と蝶番で開くタイプの窓に作り変えることにします。



2016/12/23

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その5 ドアをつける

こんにちは。
このようなDIYリフォームの詳細なレポートをいったい誰に向かって書いているのかわかりませんが一応続けます。

R0012303.jpg

ドアの上になる横棒をつけ終わったのでいよいよ作ったドアをはめ込んでいきます。

R0012304.jpg 

蝶番はこれです。
フラッシュ蝶番っていうらしいです。
まとめて安く買いました。

R0012305.jpg 

よし、ぴったりはまりましたね!
まあまあの重量があるので一人でつけるのにかなり苦労しました。

でもなんとかなりました。
割れちゃった左下のガラスをどうにかしなければ。

R0012306.jpg 

とりあえずもうひとつの窓のガラスを拝借しましょう。
この窓も塗り直して使う予定です。

R0012307.jpg 

よし、ドア完成!
ちゃんと開け閉めもできました。
かなり貧弱な感じなので簡単に蹴り破れそうですが、まあここに住むわけではないのでよしとしましょう。

R0012308.jpg 

この割れたところどうにかしなきゃなあ、、、
とりあえず応急でアクリルの板を買ってくることにしました。

R0012310.jpg 

はい、買ってきました。
なんか思ったよりも高かったのでケチって1ミリ厚のものにしました。
ペラペラです。

R0012311.jpg

同じサイズに切り取ります。
薄いのでカットは非常に楽です。
かなりペラペラなので2ミリ厚にしとけばよかったと後悔しています。このペラペラでは本当に応急処置としてしか使えそうにありません。
2ミリ厚ならガラスの代わりとして使えると思います。

R0012312.jpg

ああ、悪くないですね。
やっぱすりガラスじゃなくて透明がいいなあ。
一瞬全部アクリルにしようかとも思いましたが2ミリ厚なら、これ1枚1000円くらいなのでこの窓だけで6000円。
ドアとか他のガラスも代えようと思ったら結構な額になってしまうのでやめときましょう。
ボロ小屋に使えるお金は限られています。

はい、ということで無事にドアがつきました。
この小屋の外装リフォームで一番大きな工事だったので、あとはスムーズにいけばいいんですが。

次は他の窓を塗っていきます。

2016/12/21

DIYリフォーム!池本窯の倉庫大改造 その8 壁を塗る

R0012379.jpg

こんにちは。
今こんな感じです。
音は壁の白くないところをペンキで塗れば外装は完成です。

R0012398.jpg 

水とたわしで壁をゴシゴシと洗いました。
かなり汚れていましたよ。

R0012400.jpg

ペンキを一度塗りしたところです。
この後天気が悪くなったのでこのまま何日か放置状態でした。

R0012448.jpg

よし、完成!!やったー!
マジで寒くなる前に終わってよかったー。

もう一回くらい上から塗ればさらに白くなるとは思いますが、僕はこれくらいでいいんです。

いやーかなりイメチェンできたんじゃないでしょうか。
ですがボロ屋はやっぱりボロ屋ですねー。

まあこんな雰囲気を狙っていたので成功といえば成功でしょう。

真っ白でちょっと寂しい感じもありますが、中も完成したあかつきには看板とかランプとか小道具で装飾するのでいい感じになるんじゃないかと妄想しています。

R0012452.jpg

軽トラが邪魔ですがちょっと引いてみたところです。
冬なんでちょっと天気がどんよりしてますね。

もうちょっと日が照ったほうがこの小屋に似合いそうです。

R0012451.jpg

ここは土壁の土やら何やらでごちゃごちゃだったんですが綺麗に片付けました。
ここにも素敵なステップを作る予定です。

R0012454.jpg

後は部屋の中ですね。
これはなかなか大変そうです。
これからが本番って感じですね。

天井を落として壁を張り替えて後は床ですね。
お金も結構かかりそうです。

まあのんびりやりましょう。

R0012455.jpg

とりあえず次は天井をなんとかすることにします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。